フランスの文化

挨拶、マナー、フランスでは基本的なことを守りましょう

フランス留学をこれからする人のためにフランス文化を見てみましょう。
日本でも同じことですが、宗教や政治、プライベートな会話をする話題は避けましょう。
そして基本的にはフランス語で話します。
英語を話せるのにフランス人はプライドが高いので英語で答えてくれないこともあるでしょう。
そして挨拶は必ずしましょう。
お店で人と目が合ったら気軽に挨拶をするようにして、店員さんにも挨拶をしましょう。
挨拶をしなければ、店員さんからもかなり軽い扱いを受けることもあります。
そしてフランスの人は、人と道でぶつかったりすることを嫌いますので、できるだけ人にぶつからないようにします。

そして鼻は絶対にすすってはいけません。
そして鼻をかむときも音を出してかむと思いますが、これはマナー違反にはなりませんが鼻をすすることはマナー違反になるので注意しましょう。
エスカレーターでは左側は急いであがる人のために空けておきます。美術館などは写真撮影が可能なのですが、フラッシュは不可なところが多いです。

フランス

フランスでの生活の特徴

実際に生活をしていくうちにわかることですがフランスは建物は小さいのが特徴です。
エレベーターもサイズが小さいので大人一人とスーツケースでいっぱいになるところもしばしばありますし、階段は螺旋階段が多いです。
そして公衆トイレは無料のところが余りありません。
デパートの中のトイレでも有料ですので覚えて起きましょう。
お店などでトイレを借りようと思っても断られることも多いので注意しましょう。
フランスには色々な食べ物がありフランス料理を食べられると楽しみにしている人も多いかもしれませんが、家庭料理はフランス料理ばかりではありません。

ブイヤベースといった海鮮風味の料理が多く出ることもありますし、ガレットというそば粉を使った料理も人気です。またお店にいったならぜひエスカルゴを食べてみることをお勧めします。
あまりフランス留学中にカルチャーショックを感じることは少なく、日本人がフランスで文化が違いすぎるということはないのですが、それぞれの生活にはルールやマナーがありますので、そのルールやマナーに従って生活をしていればそれほど不便なことはないでしょう。
フランスの中でも行く場所によってずいぶん雰囲気も違いますし、人の雰囲気も違いますからプロバンスなどへ行けば気候も暖かいですし人も親しみが持てる人ばかりです。
留学先の土地によって文化も若干違いますので、行く前に今一度確認しておくとカルチャーショックを起こさずに住むかもしれません。